大学中退の就職活動手順

 大学中退となると他の立場から見ても就職活動が不利なるのは確実です。だからこそ就職活動をする際にはやるべきことと、やってはいけいなことを判断して行動する必要も出てきます。

 

 その行動次第で円滑に進められるか、長期戦になってしまうかが決まるからです。では就職活動していく際にどのように判断をしていけばいいでしょうか。

 

 

就職活動の計画を立てる

 いきなり求人を探して応募をしたとしても採用される確率は低いです。だからこそここで判断すべきポイントは、いつ本格的に動き始めるかということです。

 

 必要な資格を取得した後か、自分の目指すべき道が決まった後か、こうした意欲というのは就職活動において成功させるポイントとなるので、あまり長く時間をかけるわけにはいかないといえど、無駄に長期戦にならないようにじっくり考えるといいでしょう。

 

≫参考記事

 

 

求人サイトでの求人情報収集

 ここでの判断ポイントはどの媒体の求人情報を利用するかです。利用する情報としてはやはり求人サイトといったネットで利用できるものの方がいいでしょう。

 

 ただ一言で求人サイトといっても様々であり、求人情報の数と質も変わってくるので、その辺りも比較して見極めて利用するようにしましょう。

 

≫参考記事

 

 

書類作成は全体構成を考えてから

 ここでの判断ポイントは履歴書を書くタイミングです。もしいきなり履歴書から書き始めると途中で書き直したいと思った時にまた最初から書く羽目になって時間がかかってしまいます。

 

 資格は全て書くか、一部の何を書くか、志望動機は何を軸にして書くか、書き直したいと考えるポイントは多くあるので、予め全体的にどう書くかを考えてから書くようにしましょう。

 

≫参考記事

 

 

企業情報の確認と質問回答の準備

 ここのポイントは「してはいけない質問はしない」ということです。面接となると最後に質問を促されることになりますが、ここで当たり前、基本的なことのような質問をすると調べが足りないとして悪い印象をもたれてしまいます。

 

 悪い質問で印象が悪くなるとただでさえ大学中退で不利な印象が更に悪くなってしまうので、調べが足りない質問の他にもあらかじめしてはいけない質問は何かを調べておきましょう。

 

≫参考記事

 

 

入社するまでが就職活動

 就職活動は終わりましたが、だからといって何もしないというわけにはいかず、ここでのポイントとしては用意するものを用意する以外に入社のための準備をするかどうかです。

 

 入社となると挨拶の言葉を言うことになる場合もあるので、そうした会社の人へかける言葉というのを考えておくといいでしょう。

 

≫参考記事

 

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト