ゆっくりする時間を業界予習に

調べ、自分のものにしたい業界事情

 ただ調べるだけなら子供でもできます。内定を貰った後の入社準備、特に業界予習というのは調べるだけで終わってはいけません。

 

 調べた上でその知識を自分のものとし、それを仕事にどう活かせるのかということまでイメージして考えておく、ここまでできて社会人としてのスタートを切ることができるのです。

 

 自分が飛び込もうとしている業界は社会ではどのように見られているのか、どのような役割を果たし、将来、どのような成長が見込まれるのか、そうしたことを調べ自らの脳に馴染ませておくのが業界予習です。

 

 それによって自覚をより高める効果も期待できます。

 

 

入社予定の企業との比較も忘れずに

 ただ業界のことを調べて頭に入れておくだけでは、少し物足りないでしょう。

 

 まだ入社前ですから具体的にイメージするのは難しいかもしれませんが、求人情報を集めたり企業研究はしているはずですから、それとこの業界予習を組み合わせることで、ある程度の想像はできるのではないでしょうか。

 

 つまり、業界の事情と自らが入社する予定の企業、これを比較することで新たな発見があり、これも入社後に必ず役に立つ武器となります。

 

 さらに、他の企業との比較もしておきたいところです。業界の中には複数の企業があるわけで、それらの企業が全て同じ状況であるとは限りません。

 

 業界予習とともに企業予習をすることで他と差をつけ、大学中退という学歴をカバーすることに繋がるのです。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト