意外なところに存在する面接のNG

型にはまった受け答えはNGです

 多くの企業は、型にはまった受け答えにはうんざりしています。

 

 「さっきのヤツも、それ言ってたな」と思われてしまったら、もうあとは流れ作業のように面接が進み、内定のお知らせが届くことはないでしょう。型は崩さなければ個性にならないので気を付けてください。

 

 また、意外な部分にも面接のNGはあります。将来の夢や野望を大げさに語ること、誰かや何かに影響を受けたということだけを伝えること、控え目に見せようと考え自らを過剰に卑下するような言葉を発すること、根拠のない自信を提示すること、柔軟さを示そうと思いどっちつかずの回答をすること…。

 

 まだまだありますが、こうしたよかれと思って発した言葉が、実はNG集の筆頭に挙げられるものであることは少なくありません。

 

 

独りよがりの受け答えもNGです

 型にはまらなければいい、というわけでもないのが面接の難しいところです。型にはまらないと確かに個性は出ますが、しかしルールを無視してはいけません。

 

 そもそもそうして型にはまらない方向を選択する人は、とりわけコミュニケーション能力に乏しく、独りよがりになりがち。とことん自分を主張して、面接官が聞いてもいないことに対しても答える、そんな傾向があります。

 

 自分を知ってもらいたい気持ちはわかりますが、面接のNG集にはそもそも、「強烈な個性は出すな」というものがありますから、ベンチャーや特殊な業種でなければ、そうした強烈な個性、独りよがりな回答は避けておいた方がいいでしょう。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト