面接で長所・短所を聞かれたら

短所も長所と感じさせる工夫を

 人間ですから、必ず短所はあります。企業側も面接を担当する人も、それは百も承知。別に応募者の粗を探そうとして短所を尋ねているわけではありません。

 

 要は、自分自身のことをよくわかっているかどうか、そしてコミュニケーション能力があるかどうかを、この長所と短所を聞くような質問では見極めようとしているのです。

 

 ですから、素直に自分の短所と思える部分を長所と思える部分と同時に伝えてください。しかし、伝え方には注意しなければなりません。

 

 その短所が入社後、企業や社員に悪影響を与えるようなものであれば内定を得ることができないのは当然のこと。短所を伝える時には、その短所を、「考え方によっては長所になり得る」といった表現でフォローしておくと、傷口を広げずに済むでしょう。

 

 

エピソードなども交えてみよう

 長所と短所は、エピソードなどを交えると、より印象が良くなります。

 

 短所を伝えて印象が良くなるという表現には少し違和感を覚えるかもしれませんが、その長所や短所が具体的にどんな場面で発揮され、あるいは問題を引き起こし、その後それによって自分に、もしくは周囲の人間にどんな変化をもたらしたかを伝えることで、問題解決能力がある事を示すと同時に、コミュニケーションの能力にも長けていることを暗に伝えることができるのです。

 

 面接とは、こうした工夫の組み合わせでできており、聞かれたことに素直に答えればそれでOKというものではなく、他人との差別化を上手く図りながら自らの世界観の中に面接官を引き込む作業を行うことで有利に進められるのだということを覚えておきましょう。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト