企業に合わせた志望動機で面接を乗り切ろう

自らの意志や主張の表れとなる志望動機

 志望動機は、今更説明する必要もないとは思いますが、「その企業」を志望した動機・理由を明らかにするものです。

 

 その企業を選んだという自分の意志、そして主張をハッキリと自らの言葉で表現できる絶好の機会を面接の中で与えられているわけですから、疎かにはできません。 

 

 また、この志望動機は多くの採用担当者が重要視する部分でもあります。特に就職経験がない人は職歴や業務経験がないわけですから、ここが最も重要視されていると言ってもいいでしょう。

 

 誰かが考えた模範的な答え方にならないようにしてください。それだけで価値がないと思われてしまいかねません。企業が知りたいのは模範的回答ではなく、あくまでも応募者自身の意志や主張なのです。

 

 

志望動機に盛り込みたい具体的理由

 意志や主張と聞くと少し抽象的に感じてしまうかもしれません。それも必要ではありますが、それだけで終わらせずに、必ず具体的な理由も盛り込みましょう。

 

 それはまさに、「その企業」を志望した動機・理由に繋がります。応募者の志望動機に触れた時、「ウチでなくてもいいのでは?」、「で、入社したら何ができるの?」と思われないようにするためには、具体的動機・理由が必要不可欠なのです。

 

 その企業の商品、理念、実績、社会的立場、市場価値、社員、そうしたものに触れることで具体性が増します。このような工夫をしながら丁寧に伝えるように心がけましょう。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト