大学中退者の履歴書の学歴

大学中退は記載するべきか

 履歴書の学歴欄、ここには大学中退についても、もちろん記載するべきです。大学中退という最終学歴は誇れるものではないかもしれませんが、これをわざわざ隠す行為はもっと誇れるものではありません。

 

 また、日本の場合はその大学に入ったということが重要であり、そこを評価する感覚も未だ根強く残っています。

 

 実際の大学のシステムがそうであるからなのですが、仮に有名大学に通っていたのであれば、例え中退してしまったとしても、入学したという事実に価値を見出してくれる企業は少なくないはずです。

 

 大きなアピールになるかどうかは別として、興味を持ってもらえるキッカケにはなりますから、しっかりと学歴も包み隠さずに記載するようにしましょう。

 

 

一様ではない大学中退理由

 履歴書に学歴を記載する際、「やはりどうしても気になる」、「マイナス要素ではないか」、そう思うのであれば、中退した理由を添えておくといいでしょう。

 

 もちろん、その理由がマイナスの印象をより増大させるようなものでなければ、という条件付きではありますが、もし家庭の事情でやむを得なかったり、学校教育そのものに疑問を感じたり、その他の理由で通い続けることができなかったのであれば、その理由をそれとなく示すことで、逆に興味を持ってもらえるかもしれません。

 

 その理由を詳しく聞きたいと、面接にまで辿り着く可能性もなくはないはずです。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト