どの求人情報媒体を使うべきか

ネット媒体が一歩リード

 新聞の折り込み、雑誌、冊子、ハローワーク…、求人情報を獲得できる求人情報媒体は幾つかあります。就職活動にはどれを使うべきなのでしょうか。

 

 恐らく最も需要があるのは今挙げたどの媒体でもなく、ネット媒体でしょう。インターネットを使った求人情報サイト、これが他の求人情報媒体を圧倒しています。

 

 情報の更新スピードも早く、そもそも情報の量が多い。その上質も高いし信頼性もある。それらのメリットが大きな理由でしょう。

 

 ですから、もし就職活動を行うのであれば、ネット媒体を使って求人情報を集めるようにしてみてください。

 

 究極を言ってしまえば、ネット媒体は他の全ての媒体の情報を網羅しているので、他の媒体はもはや必要性を失ってきているのです。

 

 ただ、ネット媒体でもエージェントのような、実際に人と接して情報を獲得する媒体もありますから、そこは使いやすいものを選ばなければならないでしょう。

 

 

求人情報媒体によって結果は変わる?

 求人情報媒体によって就職活動の成否は変わるのか?と問われたら、「恐らく変わる」と答えるのが妥当でしょうか。

 

 情報量が最も多いわけですから選択肢も広がり、より自分に合った業界や職種と出会える可能性が高まります。

 

 就職できるかどうかと言うよりは、自分にとって「よかった」と思えるような就職ができる可能性が高まるのです。良い結果を得たいのであれば、やはりネット媒体は欠かせないツールとなるはずです。

 

 

≫参考記事

 

 


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト