良いところと悪いところをチェックして、正規雇用と非正規雇用の違いを見極めよう

結構大きい正規雇用と非正規雇用の違い

 

 正規雇用と非正規雇用、通常職に就く時にはこのどちらかを選択することになります。やむを得ず非正規雇用を選択する人もいるでしょう。決して非正規雇用がダメというわけではありません。しかし、多くの人はまず正規雇用を目指し就職活動を行うはずです。

 

 重要なのは、正規雇用と非正規雇用のどちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがあるということと、それをしっかりとチェックし把握しておくということ。職に就くとは言っても、この両者のメリットとデメリットは思いのほか大きく、働き始めてからその大きさを感じても遅いため、あらかじめ違いを知った上で職探しをしなければならないのです。

 

 

正規雇用の良いところは?

 

 まず、正規雇用の良いところを見ていきましょう。例外なく社会保険に加入できます。お給料も上がりやすく、働き続ければ続けるほど、収入面では有利になるのが正規雇用の素晴らしいところ。

 

 非正規雇用ではあまりないボーナスを受け取ることもできますし、その額も非常に大きい点も見逃すことはできません。有給休暇も堂々と取得することができますし、非正規雇用と比べると専門知識や技術等が身につけられ、転職を考えた時にも有利と考えられるでしょう。

 

 雇用期間に定めがないので、特別なことが無い限りはずっと働き続けられる点も正規雇用の良い点ではないでしょうか。

 

非正規雇用にもある良いところ

 

 次は、非正規雇用の良いところですが、まず、非常に自由度が高い点が挙げられます。シフト制を敷いている会社も多く、出勤日や出勤時間等の調整が利きやすいことが多い。フルタイムで働いていれば社会保険などに加入することは可能なため、この点で見れば、正規雇用との差は感じないかもしれません。

 

 雇用期間が定められていることが多い分、さまざまな会社や職種で働くことができ、経験という意味では非常に有意義なのではないでしょうか。正規雇用と非正規雇用の悪いところやデメリットは、良いところを見れば自然と見えてくるはず。それらを比較した上で違いを見極め、どの方向に進んでいくのかを熟慮するようにしましょう。

 

 

≫参考記事


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト