大学中退の就職活動の目安とは?

就職活動に必要なプロセス

 

 大学を中退して就職活動を行う場合、転職者と同じ土俵で、未経験者OK、学歴不問の求人を探すことになります。その場合、職歴がないことがネックになるケースもあるので、就職活動を始める前に必要なプロセスを知り、きちんと段取りをしておくことが不可欠です。

 

 就職活動を始める前に、まず自己分析をすること、自分が興味がある業界について研究すること、応募する職種の方向性を決めることなど、事前準備がきちんとできていないと、応募する求人を選定することができません。

 

 自分が進みたい仕事を明確にしたうえで、企業研究を行い、応募書類を作成することが、面接に進む早道なのです。履歴書は、応募企業ごとに書き換えるのが基本です。

 

 企業研究と自分の強みを考えて、アピールすべきポイントを絞り込みましょう。

 

一般的に目安にしたい期間とは

 

 大学を中退して就職活動をしているということは、20代であることが多いはずです。その場合、求人を探し始めてから1〜3カ月で内定を得ることを、目安として考えましょう。

 

 とはいえ、アルバイト経験が豊富で社会人基礎力が高いひとと、そうでないひとでは、かかる期間に差が生まれます。一日も早く内定したいと思うなら、わかものハローワークやジョグカフェなどを活用し、ビジネスマナーやパソコンスキルを無料で習得することで、アピールポイントを増やしながら、スキルアップすることを検討しましょう。

 

 また、何度応募しても面接まで進めない場合、履歴書の書き方に問題があるかもしれません。転職サイトなどの活動ノウハウを伝えるコンテンツを参考に、自分の履歴書の書き方や企業研究に問題がないかどうか、しっかり振り返っておきましょう。

 

 

≫参考記事


トップページ 大学中退の就職活動手順 おすすめ就職サイト